コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

八街殺人放火、47歳ストーカー男と長女逮捕へ(読売新聞)

 千葉県八街(やちまた)市小谷流(こやる)、農業中村行夫さん(76)の自宅が全焼し、焼け跡から中村さんの他殺体が見つかった殺人・放火事件で、県警佐倉署捜査本部は21日、中村さんの高校1年生の孫娘(16)がストーカー被害を訴えていた無職男(47)(器物損壊容疑で逮捕)と、男の長女について強盗殺人と現住建造物等放火容疑で逮捕状を取った。

 捜査関係者への取材で分かった。男の長女は中村さんの孫娘と中学校が同じで、顔見知り。

 捜査関係者によると、所在が分からなくなっていた中村さんの軽乗用車が逃走に使われたとみて捜していたところ、千葉市緑区の廃屋の敷地内で今月16日に見つかった。発見場所近くの防犯カメラに、無職男と長女とみられる2人が映っていたことが判明した。

 捜査本部が長女から事情を聞いたところ、凶器とみられる包丁や、男が着ていたとみられる血の付いた衣服を発見した。捜査本部は、男が金銭目的で長女を巻き込んで中村さんを殺害した疑いが強まったとして2人の逮捕状を取った。

 発表によると、中村さんの自宅は11日午後に全焼し、翌12日の実況見分で、1階6畳間から中村さんが遺体で見つかった。背中を刃物で刺されて殺害されていた。着衣から油の成分を検出し、遺体の状況から、刺殺された後に放火されたとみられている。

 中村さんの孫娘は、無職男からメールや電話で執拗(しつよう)に交際を迫られて危険を感じ、4月中旬、佐倉署に相談していた。同署は今月12日、中学校の窓ガラスを割ったとして男を器物損壊容疑で逮捕していた。

小沢氏、再び不起訴 供述食い違い、真相は?(産経新聞)
処方箋捏造、薬を入手 堕胎容疑医師 妊娠知った翌日(産経新聞)
不明の三男を指名手配=母親殺害容疑―兵庫県警(時事通信)
<四日市市議>ブログで「宮崎知事と農相は腹を切れ」(毎日新聞)
【新・関西笑談】混迷時代の改革リーダー(5)(産経新聞)
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

強い自治体の陰に…脳損傷者家族を襲う「介護者亡き後」の不安(産経新聞)

 【橋下府政ウオッチ】大阪府庁担当になって半年。橋下徹知事の派手な打ち上げ花火に目を奪われて、地味でも懸命に暮らす人々の営みに目を向けていたのか、と反省させられる機会があった。

 先日、NPO法人「大阪脳損傷者サポートセンター」(大阪市)を取材したときのこと。病気や事故で脳を損傷し、長期間昏睡状態にある遷延(せんえん)性意識障害や、記憶や言語などに障害が生じた高次脳機能障害の人たちの家族らを対象に「介護者亡き後」を問うた調査結果に衝撃を受けた。

 現在、主に介護している人が死亡した際などに代わりがいる人はわずか2割弱。アンケートの自由記述欄には「親も高齢化し体調不良。親子心中の思いがよぎる」「看取ってから逝きたい」「苦しくてたまらない」「どうか助けてほしい」といった悲鳴にも似た心の叫びがつづられ、限界の中で介護生活を送っている様子が伝わってきた。

 NPO法人理事長の岩城満代さん(67)も、交通事故で高次脳機能障害になった息子(41)の介護を続けて20年。半年前に偶然の縁で息子を受け入れてくれるグループホームが見つかったが、それまでは「私がいなくなったら息子はどうなるのか」と迷路にはまりこんだように悩んだ。特に、自分の体力の衰えを感じ始めてからは、不安の日々だったという。

 「親亡き後」の問題にめどが立ったとはいえ、それは「宝くじにあたったような幸運」(岩城さん)。同じ境遇にある人たちの大半が、少し前の岩城さんのように悩み続けている。

 宝くじのような確率でしか、悲鳴をあげる人々を救えない社会とは、なんと脆弱(ぜいじゃく)なのか。「強い自治体」(橋下知事)という勇ましいかけ声の陰にある現実に目を向けていきたい。(伐栗恵子)

【関連記事】
看護職員7割が慢性疲労 日本医労連調査
家計に重い「16.5万円」 消費増税 民主が公約化検討
知的障害者の預金着服 新潟市職員を懲戒免職
介護タクシー違法営業の男逮捕 「ローン返済するため」
介護疲れの夫、妻の首絞めた後に除草剤飲む
少子化を止めろ!

出会い系、「婚活」女性もトラブル続出(読売新聞)
<狭山事件>石川さん支援集会 菅家さんも訴え(毎日新聞)
校舎屋上から煙、見れば中2がバーベキュー(読売新聞)
普天間移設 官房長官が徳之島町議5人と会談(毎日新聞)
中国も鳩山政権軽視、圧力外交 日米関係冷却化・支持率低迷…(産経新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

教職員人事権移譲を大阪府北部5市町が広域連携で受け入れへ 全国初(産経新聞)

 大阪府の橋下徹知事が推進する市町村への教員人事権の移譲について、府北部5市町の首長が10日、初会合を開き、平成23年度から公立小中学校教員の採用や異動などの権限を広域連携で受け入れることで合意した。早ければ同年夏にも採用試験を行い「地域密着型」の教育を目指す。移譲が実現すれば全国初となる。

 5市町は豊中、池田、箕面の3市と豊能、能勢の2町で、圏域の人口は約66万人。

 会合では、5市町と府、各教委で構成するプロジェクトチームを6月上旬にも設置することや、広域連携で積極的に移譲を受けることで合意。今後、法制度を踏まえながら採用可能な人数などについて具体的に話し合いを進める。

 記者会見した浅利敬一郎・豊中市長は「地域に密着した教職員の採用は子供にも地域にもプラスになる」とメリットを強調。一方、移譲には教育委員会などの反発も予想され、倉田薫・池田市長が「教育委員会の意向を確かめながら新しいスタートを切りたい」と配慮をみせる一幕もあった。

 教員人事権の移譲は橋下知事が提唱。文部科学省は、採用や異動などの権限は法改正をせず、都道府県の特例条例で移譲できるとの見解を示している。

【関連記事】
教員人事権移譲 優秀な先生確保なら歓迎
教員人事権5市町が受け入れPT 大阪、連休明け発足
市町村に小中学校教員の人事権 文科省、移譲認める方針
橋下府知事、「市町村への人事権移譲について文科省はOKだった」
教員人事権 大阪府から5市町に移譲へ 全国初

「αリポ酸」で震え、めまい、動悸 「サプリメント信仰」は危険(J-CASTニュース)
対米関係「大局的に協力できる」 志位・共産委員長が本紙と単独会見(産経新聞)
介護保険 ドラマで解説 豊島区がDVDを制作(産経新聞)
スイーツ好き女子が夢中!! 香りまでそっくりなケーキ型せっけん(産経新聞)
【アートカレンダー】「ルーシー・リー展」東京・六本木 国立新美術館(産経新聞)
このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。